IR情報

トップ>IR情報>経営情報>株主・投資家の皆様へ
バックナンバー

代表取締役社長 矢田 峰之

FY17第3四半期の連結決算の概要について(2018年1月31日)

 

 

 代表取締役社長の矢田でございます。

 

■ここ1ヶ月で事業に関連して開示したものを改めてご参照ください。

[参照リンク]:@Press、イベント集客・運用「everevo(イベレボ)」事業譲受
[参照リンク]:CROSSCOOP、渋谷受付に新型aibo登場
[参照リンク]:CROSSCOOP、新宿SOUTH、6 月に3 度目の増床

 

 

■FY17 第3四半期累計 連結決算サマリー

<全社>
売上高  2,096百万円(前年同期比 118.1%) ※過去最高
営業利益  284百万円(前年同期比 181.6%) ※過去最高
経常利益  280百万円(前年同期比 194.5%) ※過去最高
当期利益  195百万円(前年同期比 228.9%) ※過去最高

 

 業績面において、3Q累計で過去最高であるとともに、四半期単位でも、連続して過去最高を更新することができております。また、財務部門において、ニュースワイヤー事業の固定資産の一部(前受金供託資産)を流動化(現金増加)したことで、流動比率を大きく改善させております。
(FY16 期末 87.7% → FY17 3Q末 113.9%)

 

 

 

<ニュースワイヤー事業>
売上高 1,025百万円(前年同期比 117.2%)
-プレスリリース配信数 14,100件 (前年同期比 114.1%)
-チケット未使用残高  8,930枚 (前年同期末比 121.9%)
-クリッピング案件数  8,675件 (前年同期比 110.9%)

 

 

 AIによる生産性向上は内部環境に大きな変化をもたらしつつも、足元の運営・販売活動に大きな影響を及ぼすことなく主要KPIは堅調な伸張推移する運用ができております。なお、利益率を更に高めていくために新規サービスによる付加価値向上への取組みを持続的に取り組んでまいります。
 新規サービスの一環として、イベント・セミナー運営のSNSサービス「everevo(イベレボ) 」を事業譲渡いただくことについて運営元のネットスケット社と合意に至りました。@Pressを通じたプレスリリース内容の18%程度がイベント告知であることがその背景としてあります。既存顧客への付加価値向上が見込めるとともに、お試し体験SNSサービス「asagake(アサガケ)」とも親和性をもたすことで、連携サービスのどれもが価値向上するようにプロダクトマネジメントをしてまいる所存であります。

 

 

<インキュベーション事業>
売上高 901百万円(前年同期比 119.5%)
-稼働席累計(国内) 9,299席 (前年同期比 128.4%)
-稼働席累計(海外) 7,908席 (前年同期比 116.1%)

 

 

 主要KPIは堅調に伸張推移しております。また、増床により上半期停滞していた利益面についても3Qは増収が直接的に利益反映されてきたことになりました。定性的には、全拠点堅調な推移であるものの、東京、シンガポール、ベトナム、タイが好調であるという所感であり、新宿拠点の一部を増床することを発表しておりますが、引き続き投資効率の高い増床展開をしてまいりたいと考えております。

 

 

<事業の進捗状況>
 上半期(1Q+2Q)をもって上方修正した通期業績予想に対して、順調に推移することができております。なによりも通期営業利益の過去最高を3Q終了時点で超えることができております。以降も緩むことなく引き締めてまいります。

 

 

 以上、簡単ではございますが第3四半期の概要とさせていただきます。
 投資家の皆様におかれましては引き続きのご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

(余談です)
 CROSSCOOPの渋谷オフィスで新型aiboが出迎えるようになりました。ぼくが前職のとき、15年ほど前でしょうか、表参道のフォーバル社に伺う機会があり、受付でaiboが戯れて遊んでいる光景をみて、どこかほっこりした記憶を思い出しました。渋谷オフィスにおいてもCROSSCOOPご利用の方たちを和ましてくれることでしょう。ぜひ機会あればお越しください。
※当社ではaiboの販売等は行っておりません。写真や表示方法等の許可をaiboオーナーサポートより許可を得て発信しております。

 

 

 

 

バックナンバーはこちら