信頼関係の構築は自分次第

インフルエンサーPR企画営業M.ISHIUCHI

- あなたのお仕事は?

弊社が提供するデジタルPRサービス「Find Model」を通じて、お客様の商品やサービスのPRを行うインフルエンサーマーケティングを手掛けています。前職で販売業界にいたとき、WEBマーケティングの重要性を実感していたものの、仕事として関われるチャンスがなかったため、思い切って転職を決意しました。全く違う分野からのチャレンジですが、日々学びながら経験を積んでいます。インフルエンサーマーケティングは様々な企業が活用しているため、関わる業界も幅広いです。女性ならではの視点を活かせる美容・コスメ業界もあれば、PC周辺機器やデジタルガジェットなど男性向け嗜好品の業界も多く、お客様それぞれの課題が異なるので、一つとして同じような案件はありませんが、それがこの仕事の面白さだと思います。

- やりがいを感じるときは?

お客様から「やってよかった」と言っていただけた時や、実際に売上が上がった時です。お客様の業界についてのリサーチや、サービスを利用しているユーザー層のニーズを知るために日頃からアンテナを張り情報収集をしています。自分の考えた提案で狙い通りの結果が得られたときは、やりがいを感じます。お客様の要望や案件の内容次第で最適なインフルエンサーは異なりますが、SNSでどのような発信をするのが効果的か考えながら、一つ一つの投稿を考えていくのは、とてもクリエイティブで刺激的な仕事です。だからこそ、結果が出たときは、お客様と一緒に喜べるのだと思います。

- お仕事で大事にしていることは?

自分が会社の“顔”だと、常に意識しています。周囲の仲間がどんなに素晴らしい対応をしても、営業担当である私の対応一つでトラブルになることもありますし、逆に信頼関係を強めることも可能だと思うからです。すべては自分次第ということです。そう思うようになったきっかけは、あるお客様から「担当を変更してほしい」という声をいただいてからです。自分の対応に慢心があったのかもしれないと反省をして、それからは日頃の心がけや意識を変えていきました。あのときは悔しい気持ちでいっぱいでしたが、今思えば、気づかせていただけたことに感謝しています。人柄や個性を尊重し、その人の長所を伸ばせるような会社にしていきたいです。

- ソーシャルワイヤーって?

「個性強めの自由な会社」です。 前職では100年以上の歴史があるメーカーで働いていたのですが、転職をしてから環境の違いに驚きました。会社の歴史や文化の違いはもちろんありますが、ソーシャルワイヤーは事業のスピードが非常に早く、上司との距離感も断然近いです。例えば業務ルールの決め方も、目的さえ明確であれば、道筋の立て方は現場に委ねてくれる柔軟さがあります。それとお客様への提案も、自社で扱っていない商材は一般的に案内しないことが多いですが、弊社では最善の効果が見込めるなら、ルールに縛られず幅広い提案ができます。入社当時はその発想がなかったので、同僚が提案している姿を見て驚きました。いまではこの自由度の高い環境が自分に合っていると感じています。

M.ISHIUCHI

- いま熱狂していることは?

海外旅行に行くのが難しいこともあり、各国の料理作りにハマっています。韓国、イタリア、タイあたりは以前からよく作っていたので、もっとマニアックなものに挑戦しています。最近作ったのはエジプトの伝統料理です。どこの国の料理をつくるかルーレットで決めていて、矢がささったのがエジプトだったからです。そのおかげで、摩訶不思議な調味料がキッチンに増えました(笑) 本物を食べたことがないので、味の正解が分からないのですが、とにかく美味しければOKということで毎回楽しんでいます。

- あなたの目指しているものは?

私だから一緒に仕事をしたい、と思ってもらえる人間になることです。商材やサービスや料金で選ばれるのではなく「あなただから」と言われるような、人で選ばれる営業になりたいですね。もちろんお客様だけでなく、社内の仲間からもそう思われる存在でありたいです。あと、最近結婚をしたので家族との時間も楽しみながら、ワークライフバランスを大切にしていきたいです。

募集職種一覧