日常の”好奇心”からアイデアへ
お客様に還元していきたい

デジタルPR営業(新卒入社3年目) R.IWASAWA

- あなたのお仕事は?

ソーシャルワイヤーが持ち合わせるPRサービスをお客様へ提案し、お客様の広報・PR活動の効果を最大化することです。新卒入社後、プレスリリース配信サービス「@Press」の営業チームに配属。電話でのアウトバウンド営業として日々受注を追っていましたが、営業強化の体制変更もあり対面営業チームへ。当時は、対面営業に苦手意識を持っていました(笑)。今では対面で直接お話することによってお客様と信頼関係を築いていけることに営業としての楽しさを感じています。
また、「@Press」以外にも、SNS広告や効果検証の調査などM &Aにより商材が増え、自社のサービスを組み合わせたプランを提案できるように。お客様の実施したいPR活動をヒアリングし、それを一気通貫で任せていただける環境に進化しているかなと。飽き性な私ですが、提案の自由度が高くなったので、営業活動もより楽しくできています。

- やりがいを感じるときは?

一番は自分の提案したことが、お客様の喜びにつながった瞬間。例えば、プレスリリースであれば、文章や切り口、タイトルの提案を行っているので、「あのプレスリリースのおかげでテレビの取材が獲得できたよ!」「SNSで話題になって商品の在庫が売り切れてしまったよ!」など喜びの声を聞けたときがやっぱり嬉しいですね。
あと、私はデジタルPR「@Press」や「Find Model」のサービス説明会やセミナーを担当しているのですが、実施後のアンケートはドキドキでして…「話がわかりやすかった」「サービスの利用を検討したい」といったコメントをいただくことも。なかなか普段の営業活動の中で、自分の話す内容や話し方に対してダイレクトに評価いただくことはないので、こういった評価を通して営業スキルをブラッシュアップができる点もやりがいに繋がりますね。

- お仕事で大事にしていることは?

好奇心は大事だと思っています。サービスの特性上、新商品や新サービスのプロモーション担当の方とのお客様が多く、打ち合わせ時も今のPRのトレンドは?最近流行っているものなにがある?といった話題で盛り上がることも。普段から色々なものに興味をもって、これってなんで流行っているんだろう?と好奇心をもって接すると自然と知識も増える気がします。そこで得た知識や感性が繋がってアイデアや企画が生まれ、お客様に還元できると考えているので、この気持ちはずっとなくさないでいたいなと。また、様々な業種のお客様と接することが多く、異なる業界の情報に触れることで日々新しい発見があります。その発見・驚きがまた自身の好奇心を掻き立ててくれます。

- ソーシャルワイヤーって?

極めて自由度が高い環境です。やりたいことなんでもやってみればいいじゃん、という感じ(笑)例えば、人前で話すセミナーの登壇者に憧れていて、それをたまたまその場にいた上長にぽろっとこぼしたら、やってみればいいじゃん!と、いつの間にかその仕事を任せてもらえる…。また、新プロジェクトの立ち上げに携わるなか、こんなことやってみたいんですよね!と発信すれば、それがよほど変なものでなければ、まずはやってみよう!と後押ししてもらえる。もちろん言いだしっぺには責任も伴いますが、相談を聞いてくれる先輩や上長との距離も近く、自分の意見をダイレクトに伝えられることも自分にはマッチしているのだろうと思います。

RENA IWASAWA

- いま熱狂していることは?

“好きなバンドの地方ライブに遠征して、現地のおいしいものを食べること!” 私はプライベートと仕事のオンオフスイッチの切替えが激しいほうかもしれません。仕事のときは落ち着いた営業マンに見えるよう振る舞っている一方で、プライベートはとことんはっちゃけることをモットー。ライブで声をだし身体を動かすことは私の大切なはっちゃけポイントです。プライベートで共通の趣味をもつ職場の先輩には、仕事のときは別人!と言われてしまう(笑)。美味しいもの・美味しいお酒が大好きです。地方ライブは各地の名物を楽しめるので一石二鳥。30歳までに全都道府県制覇を目指しています。

- あなたの目指しているものは?

業界やジャンル関係なく、”お客様の問題解決”のためにあらゆる知恵を絞り提案できる人になりたいです。自身が考え抜いた提案に「いいね!」と言っていただけることはやっぱり嬉しい、それがさらにお客様の効果に繋がったときは自分事のように超絶嬉しい。仕事に対するモチベーションは「ここだな」と。今はプロモーション領域でお客様のサポートに携わっていますが、領域外に問題が山積しているケースもあったりします。自分の知識、経験、ノウハウでもって多方面から最適解を導き出せる人になりたいです。そのためには圧倒的に知識・経験が不足しているなと。手を挙げれば、声を出せば色々な経験を積める環境に立っていると思っているので、日々新しいことをどんどん吸収して成長したいなと思っています。

募集要項はこちら