新しいアイディアを
常に考えること

人事・採用M.OKABE

- あなたのお仕事は?

人事担当として、新卒・中途採用や新人研修、入社手続き等を担当しています。どのような人材がソーシャルワイヤーの文化にマッチするか考え、また採用された方が活躍できるように、しっかりと採用計画を立てることが大切だと感じています。採用活動では、求人原稿の制作や新卒採用向けの会社説明会動画の撮影、ホームページに掲載する企画の立案のほか、採用を検討している部門から人材ニーズをヒアリングしたり、面接日程の調整をしたりと、社内外との調整役も行います。採用活動は企業ブランディングにもつながるので、そういう観点でも会社の成長にダイレクトに寄与しています。

- やりがいを感じるときは?

前職では総務業務を担当していたのですが、、人事のスペシャリストになりたいと思い、当社に転職をしました。人事のやりがいは、採用活動を通じて企業成長に貢献できることだと思います。例えば売上が伸びている部署は、成長スピードに人員配置が追い付かず、一時的な人手不足に陥ります。そういった課題に対して、現場とコミュニケーションを取りながら、最適な採用計画を模索していきます。現場のニーズにマッチする人材が採用でき、入社者がイキイキと活躍しながら結果を出している姿を見れた時は、人事という仕事の魅力を一番味わえる瞬間だと思います。以前の職場では比較的少人数でゆったりした雰囲気の社風だったこともあり、入社後そのスピード感に驚きましたが、多くの人と関わりながら密度の濃い時間を過ごせていることにやりがいを感じます。

- お仕事で大事にしていることは?

新しいアイデアを常に考えること。形にならず消えていくアイデアがほとんどですが、日常の中の発見って仕事に活かせるものが多いと思うんです。そういったアンテナを常に張って、見逃さずに活かしていきたいです。また過去の実績や前例から学ぶだけでなく、時代や組織は常に変化していくものなので、その時その状況に合わせた、新しい方法を模索することは大切だと思っています。安易に前例踏襲をせず、新しい視点を大切にしていきたいです。人材採用を通じて会社の成長を支えつつ、人の可能性を引き出すための環境を整えることも大切な仕事だと思っています。
人柄や個性を尊重し、その人の長所を伸ばせるような会社にしていきたいです。

- ソーシャルワイヤーって?

入社して一番感じたのが「スピード感」。前職と比べても経営判断や事業推進はスピーディーです。例えば、新しいアイデアや仕組みを導入する際、前職では時間をかけて検討をすることが多かったのですが、当社に入社してからは「まずはやってみよう!」という反応がほとんどです。入社間もないころはそのスピード感に驚きましたが、今では「動きながら考える」という社風は自分に合っていると感じています。創業15年目を迎える会社ですが、これまで何度もM&Aを繰り返して新しい価値観を取り入れながら拡大してきました。経営判断の速さや、瞬時に方向転換できる柔軟性はそういったこれまでの経緯が関係していると思います。会社が歴史を重ねていっても、このベンチャースピリットは変わらないはずですし、それが当社の魅力です。

M.OKABE

- いま熱狂していることは?

「ゾンビもの」です。もともと旅行が趣味で、世界各国を旅してきたのですが、ステイホーム期間中に溜まっていたフラストレーションを解消してくれたのが“ゾンビの皆様”です(笑) ホラーが苦手だった私が、なぜか今では恐怖感が病みつきになってしまい、ドキドキハラハラすることで、心のデトックスになっているのかもしれません。好きな映画は「新感染」「アイアムアヒーロー」で、ゲームは「バイオハザードシリーズ」がお気に入りです。おすすめの作品があったらぜひ教えてください!

- あなたの目指しているものは?

弊社の行動指針に「長所伸展」という言葉があり、社員一人ひとりがとても個性的で、そこが良いところだと思っています。よく応募者の方から「どんな人が多いですか?」と質問をいただくことが多いのですが、多様な個性の人材がいるほうが強い組織になりますし、そういう意味では「こんな人がほしい」というよりも、ソーシャルワイヤーで活かせる長所は人それぞれあると思っています。その長所を見出して、さらに磨いていけるフィールドを整えていくことが私の目標です。管理部のメンバーはとても優しく“いい人”が多いので、困ったときは助け合いながら、会社を支える良いチームを作っていけたらいいなと思います。

募集職種一覧