事業を大きくしていきたい
挑戦の日々です

デジタルPR企画営業Y.OKAMURA

- あなたのお仕事は?

インフルエンサーマーケティング事業を大きくすることです。大学卒業後、人材系営業に従事してきた私は、これまで営業プレーヤーとして個人の目標を追うことに注力してきました。個人目標の達成は営業マンとして大事ですが、自分の実績だけあげていればそれでよいか…?ソーシャルワイヤーでは各々のメンバーが、事業全体の目標数字を把握し意識し、目標達成のためにいかに行動できるかに組織力に注力しています。現場では、経営陣の方々との距離感も近く、事業マネジメントのいろはを感じられる環境下で、常に自分自身で考え抜いた意見(自発性)を求められます。大げさになるかもしれませんが…「自分が事業をマネジメントして大きくしていくんだ!」といった心意気が大事かも。その分、個人のバックグランド関係なく何事にも積極的に発言・行動できるので、自分にとっては非常にやりやすい環境です。時に泥臭く動かなければいけないこともありますが、変化に対応しながらもインフルエンサーマーケティング事業を大きくするために、個人目標の達成と併せてメンバーの目標をフォローしたり、事業全体に貢献できることを日々考えて邁進しています。

- やりがいを感じるときは?

お客様の商品に関して、周りの友人や知人から“この商品知ってる?”と聞かれる時です。以前、あるヘアサロンのヘアケア商品を店頭で販売をし、全国展開するというタイミングでお声がけいただいたことがあり、お客様はどうすれば売れる「流れ」を作れるか、お悩みのようでした。私はお客様の課題解決までのプロセスにやりがいを感じることが2つあります。1つは『現状把握』です。お客様が“なぜやりたいのか”、その先のユーザーが“なぜほしいのか”を理解したいので、まずはお客様の取り巻く環境を把握するための情報収集を日常から心がけています。インフルエンサーマーケティングのサービスを扱う身として、現状把握のプロセスは、世の中のトレンドを見える化できるやりがいの1つになっています。2つ目は『お客様の商品を好きになること』です。これまで無関心だったものを即好きになれるか…なります(笑)お客様がどういう想いでその商品やサービスを生み出したか、そのバックグラウンドを知ると自分事のように好きになっている…この感覚を味わることもやりがいの一つです。いちユーザーとしてお客様のお店に立ち寄ることがありますが、お店の方に“売り切れです”と言われた時のやりがいと達成感は今でも忘れません。

- お仕事で大事にしていることは?

大事にしていることは2つあります。1つ目は、良い意味で“プライドを捨てる事”です。「できる事はできる、できないことはできない」「わかることはわかる、わからないことはわからない」とはっきりするようにしています。できないこともできると口にしてしまうと、大きなミスを引き起こしたり、お客様の信頼を失墜させてしまう恐れもあります。社会人1年目の時は、上手くいかないことをすぐに他責にしてしまうこともあったりました…過去の反省も踏まえて、社内外問わず、自身の小さな“プライドを捨てる”ことで、誰にでも素直に話すことができ、仕事でも自発的に行動できていると信じております。2つ目は“身だしなみ”です。お客様と初めて会うとき、見た目の第一印象で決まりますよね。声のトーンや話し方、サービス説明の組み立て方なども。当たり前のことですが少しでも付加価値をつけたいな、と思っています。その一つが、装いです。特に靴と臭いには気を遣っていて、靴は毎日のブラッシング、臭いは香水を使うのではなく、ファブリックミストを使用しています。お客様に頂いている貴重な時間、“この人に会ってよかった”を実現する工夫を日々しています。

- ソーシャルワイヤーって?

心の内にメラメラ秘めている人たちの集まりです。ゴリゴリの商社マンとかバリキャリ営業マン…そんな雰囲気はないかな(笑)。ただ、どの人も常に周りの事を考えながらも、そして自分自身で考えて自発的に行動していく人達ばかりです。質問の仕方一つでも、“わからないことに対しすぐに答えを求める人”と“わからないことに対し自分の意見をもって答えを求める人”の2つのパターンがあるとすると、後者タイプのメンバーが圧倒的に多いです。私が所属する法人営業部は、20代メンバー中心に活躍してます。仕事でも人としても尊敬できる方は沢山いるので、本当に日々刺激になっていますね!また、業務面でもスピード感を持って流動的に動くことを求められるため、そういうベンチャーっぽい環境を楽しめる人が多いですよ。

YUTA OKAMURA

- いま熱狂していることは?

古着屋巡りです。学生の頃から、洋服が大好きで今でも変わらず様々な古着屋を回っています。古着屋さんにはそれぞれのカラーがあり、オーナーさんの好みで仕入れている国や服の年代やパターンなど様々です。そういうオーナーさんのルーツや今のトレンドを聞きに行くことも熱狂する理由の一つです。またオーナーさんに限らず、そこに集う人達との交流も大事にしています。洋服はリバイバル的なことが時代の流れと共に起きるので、『今何が流行っているのか』『今後どういうものが流行りそうなのか』なんて会話も沢山します。そういう意味では、仕事上でもトレンドを追うことは大事なので、洋服に関わらず自身の探求心や好奇心みたいなのは、案外役に立ったりしますね(笑)

- あなたの目指しているものは?

自分の好きな事をとことんできる“選択肢”を作っていくことです。私自身学生時代から、興味関心のある事は常に前のめりになり、とことんやり抜くように心がけてきました。社会人になってから『やりたいこととは違うけどまあ仕事だから…お給料が良いから…』といったこともよく耳にします。人それぞれ考え方が異なり、価値観が全く同じ方はいらっしゃらないので、賛否両論あるかと思いますが、私はもったいないと…。せっかく限られた自分の時間を使うなら、好きなことに時間を費やしとことん夢中になるほうが、人生楽しいと思いませんか(笑)私は、今の仕事が好きです。もちろん大変なことも多いですし、結果に結びつかないことも多々ありますが、それでも楽しいです。好きな事であればどこまでも頑張れるんだな~と。やり切った時の達成感は一生ものになると思っています。そういう達成感を関係する人たちみんなで味わうためにも、私は仕事だけでなく、人生バリバリ楽しむことで、周りから自発的に動く人が少しでも増え、好きな事に挑戦できる社会になっていくことを心から願っています。

募集職種一覧