【グループ企業 トランスマート】 翻訳業務のインバウンド需要急増、前年比約6倍の売上を記録 ~クラウド翻訳英語ネイティブチェックサービス開始~

 

2022年7月15日
ソーシャルワイヤー株式会社
 

【グループ企業 トランスマート】翻訳業務のインバウンド需要急増、前年比約6倍の売上を記録
~クラウド翻訳英語ネイティブチェックサービス開始~

 

 ソーシャルワイヤー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:庄子 素史、以下 ソーシャルワイヤー)のグループ会社でクラウド翻訳とAI翻訳事業を展開する、トランスマート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堺 智彦、以下 トランスマート)は、外国人観光客に対する入国制限緩和の影響から、2022年6月、インバウンド関連翻訳業務の依頼が急増し、直近3か月の売上高が、前四半期比率で約4倍、前年比約6倍を記録しましたので報告します。併せて、昨今のニーズの高まりを受け、2022年7月15日より、ネイティブ翻訳者が英語文章の校正を行う「英語ネイティブチェックサービス」の提供を開始いたします。

 6月10日、新型コロナウイルスの影響で停止していた外国人観光客の受入れが約2年振りに再開しました。この規制緩和の流れを受け、クラウド翻訳とAI翻訳事業を展開するトランスマートでは、旅行予約サイトのツアー予約ページや、航空会社の機内広告、その他訪日外国人向け商材を含むインバウンド関連の翻訳案件の依頼が急増しました。

■2022年4-6月期 トランスマート インバウンド関連翻訳(※1)業務 売上増加率



 (※1) 受託翻訳およびクラウド翻訳
 (※2) 2022年4月18日~2022年6月17日
 (※3) 2022年2月18日~2022年4月17日

 今年4-6月期の売上金額は、前年比622%となりました。緊急事態宣言発令やまん延防止重点措置が日本各地で発令され、外出の自粛が叫ばれていた時期と比べて、コロナを取り巻く国内外の社会状況が大きく変化したことを反映した結果だと言えます。また、今年4-6月期(4月18日~6月17日)は、今年2-4月期(2月18日~4月17日)と比べ403%となり、6月の規制緩和の影響を受け、インバウンド需要が回復したものと考えられます。

■インバウンド関連翻訳 案件例
・旅行、海外出張系Webサイト
・宿泊施設Webサイト
・百貨店 免税カウンター手続き案内
・飲食店メニュー
・イベントチケット情報、利用規約、注意事項
・観光客向け商材(繊維、生地、化粧品、伝統的工芸品)
・販売員向けマニュアル、アプリ
・新型コロナウイルスに関わる対応の基本方針 等

 インバウンドに関連する翻訳案件の種類は、旅行客が滞在中に使用する地図、メニューだけでなく、滞在前後に使用するWebサイト、チケット情報など多岐に渡ります。今年4-6月期、観光、旅行、ホテル業界のインバウンド案件、並びに、鉄道、飲食、小売業界における、外国人観光客をターゲットとした商材に関する案件を複数受注し、全体の受注件数は前年比約2倍となりました。現在、新規問い合わせも増加傾向にあり、全国各地の企業や団体、個人のお客様から、翻訳関連の様々なお問い合わせをいただいています。

■翻訳の最終チェック(校正)により、自然で伝わりやすい文章へ
 文法的に正しくわかりやすい外国語を用いた情報発信の重要性が認識される中、「自分で訳した文章がおかしくないか確認してほしい」、というお問い合わせが増えてきています。語学堪能な個人のお客様や社内翻訳者が在籍する外資系企業、また、今まで機械翻訳ツールのみに頼らざるを得なかった個人商店や中小企業などにおいて、コストを抑えつつ、最後の確認部分のみプロに依頼したいというニーズが高まっています。
 トランスマートでは、このような翻訳校正サービスへのニーズの高まりを受け、2022年7月15日より、ネイティブ翻訳者が英語文章の校正を行う、英語ネイティブチェックサービスを提供開始いたします。従来の翻訳サービスでは、校正も含めた一連の翻訳業務をプロの翻訳者が受託していましたが、英語ネイティブチェックサービスの導入により、英語ネイティブ翻訳者に「校正作業(※)」のみを依頼することが可能となります。元の文章との合致度よりも、ネイティブから見た表現の自然さ、伝わりやすさを優先するため、外国人観光客向けの情報発信に適していると言えます。

※原文参照なしのネイティブ校正。原文参照ありのネイティブ校正が必要な場合や、原稿が2万ワード以上の場合は応相談。

■トランスマートの英語ネイティブチェックサービス
 英語ネイティブチェッカーの基準(※)を満たしたネイティブ翻訳者が、誤字脱字等の修正だけでなく、ネイティブの視点から、忌避表現・差別的表現がないか、また、文体・文法の用法間違い等に起因するわかりづらい表現がないか確認作業を行います。イギリス英語とアメリカ英語に対応可能で、それぞれの国において自然な表現であるか確認し、不自然な表現については理由を明記の上、より自然な表現をご提案します。校正後、ご提案コメントと修正履歴を記載した原稿を、ワード形式等で納品します。

※アメリカ、イギリス連邦加盟国、英語が公用語の国出身者、もしくは該当国に15年以上の滞在歴がある翻訳者。

 見積もり、発注、ネイティブチェッカーの選定、納品、支払いまでの全ての工程を、会員ページ上(オンライン)で完結することができます。



サービスに関する詳細は、以下Webサイトの「ネイティブチェック」のタブよりご確認ください。
クラウド翻訳: https://jp.trans-mart.net/cloud/
翻訳料金: https://jp.trans-mart.net/price/

 トランスマートでは、引き続き、プロの高品質な翻訳サービスを提供すると同時に、クラウドで提供するサービスを増やし、クラウドの商品価値を高めてまいります。

【会社概要】
社名 : ソーシャルワイヤー株式会社(証券コード:3929)
設立 : 2006年9月
代表者: 代表取締役社長 庄子 素史
所在地: 東京都港区芝浦三丁目9番1号 芝浦ルネサイトタワー6階
事業 : デジタルPR事業(インフルエンサーPR/リリース配信/クリッピング)
     シェアオフィス事業(シェアオフィス運営/クラウド翻訳)
URL  : https://www.socialwire.net/

■トランスマート
社名 : トランスマート株式会社
設立 : 1996年8月
代表者: 代表取締役社長 堺 智彦
所在地: 東京都港区新橋1-1-13 アーバンネット内幸町ビル3階
事業 : クラウドソーシング翻訳サービス「トランスマート」、
     個別専門翻訳サービス「受託翻訳サービス」
URL :https://jp.trans-mart.net/
【お問い合わせ先】
<サービスついて>
トランスマート株式会社
担当:堺
TEL:03-5363-0370  E-MAIL:tr_support@trans-mart.net

<報道について>
ソーシャルワイヤー株式会社 経営企画部 経営企画/広報Gr.
担当:広野
TEL:080-3398-5800 E-MAIL: pr@socialwire.net