ESG活動
SDGs

当社は創業以来、『デジタルPR』と『シェアオフィス』を中核として、人や情報、企業をつなぐビジネスプラットフォームの創造を追求していく、という基本理念を掲げてまいりました。現在、持続的な開発目標(SDGs)やESGを経営に取り入れ、全てのステークホルダーと共に達成に向けた取り組みを始めています。

企業が継続的に活動していく過程において、サステナビリティは重要な事項であると考えており、これらは企業利益と相反するものではなく両立できるものであります。その結果、企業価値が向上していくものと考えているため、今後もサービスの提供・拡充を進めてまいります。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(出典:外務省ホームページ)

SocialWire action for SDGs

ソーシャルワイヤーはSDGs達成を目指して、全てのステークホルダーに価値をもたらすイノベーション創出を実現するため、環境・社会・経済のサステナビリティにおける重要な課題解決に貢献します。

Action1

新しいワークスタイルの提案

SDGs

サービス提供における取り組み

シェアオフィス『CROSSCOOP(クロスコープ)』

企業のテレワーク、リモートワーク、分散オフィスといった働き方の進化を実現するために必要不可欠となるシェアオフィスを運営しております。企業各社がリモートワーク拠点を設営する際に、より利便性の高い場所、より高グレードのビル、そして初期設営経費を低減することにより、「リモートワークの推進環境を提供する」、「起業、雇用創出を支援する」に資する活動として、シェアオフィスサービス『CROSSCOOP』を運営しています。

社内環境への取り組み

フルクラウド&リモートワークの働き方の推進

ESGへの取り組みの一環として、2019年からいち早く全社的にリモートワークを取り入れております。社内業務にあたっては、すべての情報管理をクラウド化し、情報共有には全社チャットツールを導入することでタイムリーかつオープンな情報共有を推進。また半期に一度行う社員総会において全役職員の意思統一を確認し、事業活動倫理を尊重する企業文化・風土の醸成に努めております。

AI機能ツール(自社開発)の積極導入による従業員の生産性向上

当社の運営しているサービスには、システムならびに人手による手厚い顧客サービスが必須となります。長年の運営業務のナレッジをAIに学ばせることで、顧客に対して最適な提案内容をリコメンドするようなAI機能を業務システムにいち早く導入し、従業員の生産性を飛躍的に向上させることで、事業・製品の品質向上を高めながらも、働く従業員の経済的向上に資する活動を積極的に推進しています。

  • リリース配信サービス(@Press、NEWSCAST)
  • クリッピングサービス(@クリッピング)
  • インフルエンサーPRサービス(Find Model)
Action2

情報発信サービスを通じて人々の生活を豊かに

SDGs

サービス提供における取り組み

企業のリリース情報を全方位に拡散するサービス

企業の発信情報(プロダクト情報・プロモーション情報・イベント情報・コーポレートメッセージ等)に関するニュースリリースをお預かりして、各種メディア(TV、ラジオ、新聞、雑誌、ネットメディア)に配信するリリース配信サービスを『@Press(アットプレス)』、『NEWSCAST(ニュースキャスト)』のブランド名で運営しています。また、昨今の情報取得の方法の多様化に順応し、SNS発信をいち早く追加しております。各種企業の発信情報を企業規模によらず、かつ情報格差なく、多くの方へ伝えていくリリース配信サービスを提供しています。

インフルエンサーを活用した情報発信サービス

企業の発信情報(プロダクト情報・プロモーション情報・イベント情報・コーポレートメッセージ等)をお預かりして、SNSインフルエンサー(Instagram、YouTube)を通じて発信するサービスです。スマホの普及とともに発展してきたSNS。現代においては、情報取得ツールとして活用することは少なくありません。各種企業の発信情報を企業規模によらず、かつ情報格差なく、多くの方へお届けするインフルエンサーサービス『Find Model(ファインドモデル)』を運営しています。

これら企業の発信情報を、より広く発信するサービスを運営することにより、大企業のみならず「中小零細企業の設立や成長を奨励する」に資する活動として運営をしています。

サービス価値を向上させるオープンイノベーションの創出

当社のビジョンは「~BUILDING A BETTER ADVANCE~ ビジネスプラットフォームの創造へ」。あらゆる事業活動がリアルとネットの境界、国と国との境界を超えるクロスボーダーが標準化する社会の中で、革新的な技術やアイデアを積極的に取り込み、ユーザーの多様なニーズに合わせたサービスの提供・付加価値向上に努めます。

中長期的な企業価値を向上させ、全てのステークホルダーの権利や立場を尊重し、持続可能な社会の実現に向けたオープンイノベーションの創出を目指します。

Action3

誰もが活躍できる社会の実現

SDGs

社内環境への取り組み

機会の平等・多様性を最大化する人事制度

当社は「量の追求」「長所伸展」を行動指針として掲げており、人材もビジネスもそれぞれの『長所』にリソースを集中させております。また、『ポジションが人を育てる』という育成方針のもと、管理職として積極的なポジション提供と権限委譲を推進しております。

この考え方を基礎として、社員一人ひとりの強みを活かし、性別にもとらわれない人事制度の運用を行ってきたからこそ、現在の女性活躍環境が十分に実現できているとも考えております。

また、当社は通年採用としております。新卒採用だけでなく中途採用も積極的に行っており、多様なバックグラウンドを持った人材が活躍しております。

2018年度2019年度2020年度
正社員の女性比率71%66%61%
管理職の女性比率62%64%56%
中途採用比率93%100%89%

※ぜったい知ってほしい取り組み(採用サイト)

非正規雇用から正規雇用への促進と公正な人事考課

当社では、非正規雇用から正規雇用への登用を積極的に実施しております。また、元パート社員という理由によるキャリア形成に一切の影響を及ぼすことのない人事評価システムを厳正に運営しており、元パート社員の中には、正社員登用後も実力を発揮し、管理職になっている事例も多くあります。

2018年度2019年度2020年度
正社員の元パート比率10%13%14%
管理職の元パート比率22%17%16%

※ぜったい知ってほしい取り組み(採用サイト)

持続的な事業成長と徹底した組織戦の推進

創業以来、持続的な事業成長を実現しております。また、成長企業における実績を有する人材の調達を積極化することによる社内人材の成長を加速するとともに、マネジメント層の指導力・管理能力を向上させ、徹底した組織戦を展開していく方針であります。

経営陣と社員の関係は、共に同じ目標を実現するために相互強化し合うプロフェッショナルパートナーであると考えているため、年2回、社員総会を行い、業績をありのまま公開し、活動方針や期待事項等、経営陣の声を社員へ直接シェアしています。