トップ>ニュース>「起業家の資金調達に対する意識調査レポート」 全体の44%が直接金融による資金調達を希望 ~アラフォー起業家と女性起業家は直接金融に積極的!?~
ニュース

「起業家の資金調達に対する意識調査レポート」 全体の44%が直接金融による資金調達を希望 ~アラフォー起業家と女性起業家は直接金融に積極的!?~

2010年9月24日
報道関係各位
未来予想株式会社
代表取締役CEO 矢田峰之

「起業家の資金調達に対する意識調査レポート」
全体の44%が直接金融による資金調達を希望

~アラフォー起業家と女性起業家は直接金融に積極的!?~

起業家を支援するレンタルオフィス「CROSS COOP」(http://crosscoop.com/)を運営する未来予想株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:矢田 峰之、以下、未来予想)は、起業家を対象に、「起業家の資金調達に対する意識調査」を実施いたしましたので、その調査結果を発表いたします。
■調査概要
実施期間:2010年7月22日(木)~2010年8月18日(水)(28日間)
調査方法:インターネット・オンライン調査
※経営支援ポータルサイト「MiraiZ.bz」会員登録時に実施
調査対象:20代~70代の起業家
※会員登録時の役職が「代表」「取締役」「社長」「役員」を含む経営層
※設立1年未満27%、3年未満23%、5年未満9%、7年未満9%、10年未満7%、10年以上25%
※従業員数5名未満66%、10名未満15%、20名未満9%、30名未満4%、50名未満3%、50名以上3%
有効回答数:344件

■調査結果
●資金調達手法:起業家の44%が直接金融での資金調達を希望
資金調達の手法として最も希望が多かったのは銀行借入(39%)、以下、資金調達してまで成長させたくない(17%)、エンジェルからの出資(15%)、ベンチャーキャピタルからの出資(15%)、パートナー企業からの出資(14%)と続いた。依然として間接金融への依存度は高い傾向にあるが、直接金融による資金調達を希望する割合は、全体の44%と半数近い起業家が何らかの方法で直接金融を検討している。

また、以下の通り、回答者の起業家を、「年代別」、「性別」、「起業年数別」、「起業年代別」、「従業員数別」、「上場志向別」に分けて集計したところ、直接金融に積極的な起業家の特徴として、年齢は40代、性別は女性、創業した時期が2001年以降の第3次ベンチャーブーム、設立3~5年、従業員数11~20名規模の企業、上場志向が強い起業家というキーワードが抽出された。

●年代別:40代起業家が最も直接金融を希望
直接金融を希望する年代別では40代起業家が49%と最も高く、それ以外の特徴として20代起業家がパートナー企業からの出資を希望する割合が高い傾向にある。また、30代の起業家は銀行借入が45%を占めている。

⇒40代の起業家はビジネス経験や知識の成熟により、直接金融による資金調達を検討する割合が増加
⇒20代の起業家は人脈が少ないこともあり、資本提携も含めたパートナー企業の開拓を希望
⇒30代の起業家は銀行借入にも積極的であり、個人保証などのリスクを背負える環境

●性別:女性起業家は男性以上に直接金融に積極的ではあるが、パートナー企業との資本提携を望む傾向
直接金融を希望する割合は男性起業家が44%に対して、女性起業家は50%と女性起業家の方が直接金融を検討している。また、パートナー企業との資本提携については、男性起業家13%に対し女性起業家は22%となった。

⇒女性の起業家の半数は直接金融に積極的であるが、パートナー企業との資本提携を希望しており堅実志向

●起業時期別:2000年の第三次ベンチャーブームを境に直接金融の希望が増加
起業家のなかで直接金融を希望する割合は、2000年以前に創業した起業家は31%であるのに対し、2001年以降に創業した起業家においては40%以上となった。

⇒2001年以降、第3次ベンチャーブームの起業家は直接金融の活用に積極的であり、マザーズやジャスダックなどの新興市場上場企業の増加や大型ベンチャーキャピタルファンドの増加が背景にあると想定

●起業年数別:創業時と創業3年~5年に直接金融の需要が増加
創業1年未満の起業家の57%は直接金融を希望している。一方で、創業1年~3年の起業家の直接金融を希望する割合は37%と一時的に低下するが、創業3年~5年になると再び52%と上昇する。

⇒創業時と設立3年~5年のタイミングで成長のための資金需要が高まる傾向

●従業員数別:11名~20名の企業規模が最もベンチャーキャピタルからの出資を希望
従業員数11~20名の企業の26%がベンチャーキャピタルからの調達を希望している。従業員規模が大きくなればなるほど、資金調達してまで成長を望まない傾向にある。

⇒従業員数が11名~20名規模の企業が、最もベンチャーキャピタルからの調達を希望する割合が高い。事業の成長局面を迎える企業規模が20名前後に多い

●上場志向別:上場を目指している起業家は直接金融からの資金調達に積極的
直接金融による調達を希望する割合は上場志向のない起業家は41%であるのに対し、上場志向のある起業家は68%と高い傾向にある。また、時期や機会があれば上場を検討したい起業家も66%は直接金融を希望している。

⇒一般的にベンチャー企業の資金調達においては、直接金融の方が間接金融よりも調達できる金額が大きいため、上場志向が強い起業家ほど、直接金融による資金調達を希望

以上

■レンタルオフィスオフィス「CROSS COOP ( http://crosscoop.com/ )」について
1名から30名規模のベンチャー企業に対して、新宿、六本木、青山などの利便性の高い都内オフィスを、敷金・礼金0円で安価に提供するレンタルオフィス。入居起業家同士のインキュベーション・コミュニティをコンセプトに、ベンチャー支援経験の豊富なスタッフが同オフィス内に常駐し、経営をサポートすることで複数の上場企業輩出実績を保有。
■ 未来予想 会社概要

商号: 未来予想株式会社
代表者: 代表取締役CEO 矢田 峰之
所在地: 東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 2階
設立年月日: 2006年9月
主な事業内容: ・インキュベーション事業(経営コンサルティング/インキュベーションオフィス運営)
・広報支援事業(PRコンサルティング/プレスリリース配信代行サービス)
資本金: 93,000千円(資本準備金35百万円)
URL: http://www.miraiz.co.jp/
■本リリースに関するお問い合わせ先
未来予想株式会社 インキュベーション事業部
担当 : 石田
Tel  : 03-5785-6818
E-mail: info@crosscoop.com